*

備前市で「備前カレー」を食べ、閑谷学校へ|岡山東部①

公開日: : 最終更新日:2016/09/27 未分類

岡山市にある岡山駅から赤穂線に乗って、東方面へと進んでいくと、備前焼の町備前市へと行くことができます。今回は備前焼の中心であるJR伊部駅から閑谷(しずたに)学校までの観光スポットを紹介したいと思います。

◆備前焼を鑑賞しながら「備前カレー」を食べよう!

まず、伊部駅構内に食べ物屋さんと喫茶店があります。ここでは備前カレーを食べることができます。

備前カレー

備前焼の器に盛られたご当地カレーで、特徴としては備前地域の特産物であるイチジクを加えており、ちょっと普通のカレーとは違うまろやかな甘味を味わうことができます。

また、備前焼で作られたカレー皿はどれも違う模様をしており、見た目でも特別感を味わうことができるのです!

なにせ、備前焼は1つとして同じ模様や色で仕上がることがありません。色を塗ったり釉薬を使ったりせず土と火だけで作り上げる芸術だからこその特徴です。ぜひ、食べたらじっくりと器を楽しんでみましょう。

◆閑谷学校で瞑想体験!

さて、備前市の見所としては、閑谷(しずたに)学校があります。

閑谷学校は、江戸時代に岡山藩主の池田光政によって建てられた庶民のための学校であり、岡山藩が直営していました。当時の池田氏がいかに教育を大事にしていたかを窺い知れることができます。

周囲の環境も非常に静かで、岡山県民の中には、小中学校時代に学校行事で訪れて心静かに黙想した経験がある方もいるほどです。私自身、その体験者でもあるのですが、最初はじっと座って目を閉じているのが苦痛に感じたのですが、2分3分と時間が経つにつれてとても心が穏やかになります。しかも、“眠たい”という気持ちとはちょっと違う落ち着きで、終えた頃には「新しい自分」になれた気がするほどです。

ぜひ、その静かで長閑な雰囲気を味わいながら、建物をじっくりと観賞してみてください。

閑谷学校の瓦は備前焼の手法で焼き締められており、非常に頑丈で、さらに色も1つ1つ違って大変見ごたえがある屋根になっています。

また、閑谷学校の講堂は国宝にも指定されているので、史跡としても観賞しがいがあります。

◆備前~閑谷学校へのアクセスは?

閑谷学校へのアクセスとしては、備前焼と閑谷学校をいっぺんに楽しむことを考えると、鉄道よりもレンタカーでの移動が便利です。長閑な焼き物の町と、心落ち着く閑谷学校を楽しむドライブがオススメです。

閑谷学校

刀剣の町・長船、日本のエーゲ海・牛窓、牡蠣の町・日生|岡山東部②

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 未分類

岡山県東部の長船、牛窓、日生の観光スポットを紹介します。長船は刀剣の町として有名ですが、その周辺の牛窓は日本のエーゲ海と称された観光地であり、また魚釣りのスポットでも有名です。日生は牡蠣を中心とした新鮮な魚介類を誇る港町。季節を問わず、見どころ満載の地域です。

◆長船・備前長船刀剣博物館のコラボがすごい!

岡山市の岡山駅からJR赤穂線で長船駅まで行くと、刀剣の町・長船を楽しむことができます。現地での移動を考えると、鉄道よりもレンタカーの方が便利なので、最初に申し添えておきます。

さて、長船といえば、アニメ・ヱヴァンゲリヲンとのコラボレーション展をした備前長船刀剣博物館が全国的にも(特にアニメファンの方に)有名です。

そのほかにも戦国無双とのコラボレーション展など、毎年様々な工夫を凝らした展示会が行われているようです。

あいにく、そういう展示会の期間に訪れることはできていませんが、通常の展示だけでも、刀剣とその歴史に触れることができます。

◆日本のエーゲ海・牛窓町でオリーブ製品を。

さて、博物館のある長船町の隣には牛窓町があります。

牛窓

ここでは日本のエーゲ海と称される海と、ちょっと小高い場所にオリーブ園があります。こちらも非常に長閑で天気の良い日は見晴らしが良い観光スポットです。

お土産のオリーブ製品もあるので、ぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

◆牡蠣の町・日生で「カキオコ」

そして、最後に牡蠣の町である日生です。冬に港の方へ行けば、牡蠣の食べ放題があり、とてもお得に牡蠣を味わうことができます。

カキ

また、B級グルメとして、カキオコがあります。これは日生のご当地グルメで、牡蠣の入ったお好み焼きです。日生のお好み焼き屋さんなら大抵どこでもメニューに入っています。

その他にも、日生は瀬戸内の新鮮な魚が豊富であり、朝市なども盛んに行われています。ぜひ寒い時期に行って、海の幸を味わってもらいたいです。

日生

私は朝市を見に港まで行きましたが、活きの良い魚から特産物、屋台などもあってちょっとしたお祭りのような雰囲気で賑わっていました。

◆岡山東部の楽しみ方

季節に関係なく観賞できる備前長船刀剣博物館、春から秋にかけて色とりどりの景色を見せてくれる日本のエーゲ海牛窓、冬は牡蠣を中心に賑わう日生の漁港。

いつ行っても楽しめる岡山東部の観光にぜひ出かけてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、牛窓には魚釣りでも訪れたりしますが、いかんせん下手の横好きで、ボウズの日も少なくありません。そんな日はもちろん、悔しさに任せて日生に寄り、しれっとした顔で魚を買って帰ります(笑)。

白壁の町・倉敷~アイビースクエア、大原美術館、児島地区へ

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 未分類

岡山県の倉敷市は白壁の町として有名です。岡山県の中でもかなり華のある街です。

倉敷

古くは天領(江戸幕府の直轄領)として栄え、現代も江戸時代の風情を色濃く残した美観地区は観光地として多くの人々を呼び込んでいます。

美観地区

また、ここ近年では天領祭りで代官バヤシという盆踊りも作られ、賑わっています。私自身も記念すべき第1回に参加しており、その楽しさを満喫しています。夏のシーズンはぜひ美観地区とセットで楽しんだら良いと思います。

◆アイビースクエア(元倉敷紡績所)でレトロな雰囲気を楽しむ

天領祭りや美観地区の白壁・なまこ壁の他にも、倉敷には楽しめる観光スポットがかなりあります。

まずレトロな雰囲気を楽しめるのが「アイビースクエア」です。

アイビー アイビー アイビー

このアイビースクエアは、元倉敷紡績所です。現在はホテルやレストラン、結婚式場となっており、敷地内にはオルゴール館をはじめ、倉紡記念館や児島虎次郎記念館などがあります。

キャンドル制作や陶芸教室等体験施設もあり、レトロな容貌と雰囲気の中で様々楽しむことができます。

◆大原美術館

大原美術館

続いて大原美術館。1930年に開館された由緒正しき美術館です。

西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものだったそうです。

世界的に有名なエル・グレコの「受胎告知」や、モネの「睡蓮」等、名画が数多く収蔵されています。

本館の他に、現代美術や陶器が展示された分館もあるので、そちらもオススメです。

◆国産ジーンズ第一号が作られた繊維の街・児島地区

最後に児島地区を紹介しておきます。ここは繊維の街として有名で、国産ジーンズ第一号が作られた町です。なので、町を歩くだけでもいろいろと面白いものが見れます。

まず、流れている川の色が藍色になっています。これは、繊維工場から流し出された水がそうなっているのではなく、川底の石などが藍色に染まっているのでそのように見えます。ぜひ川があったら覗いてみてください。

ジーンズミュージアムでジーンズの歴史を見たり、オーダーメイドジーンズも作れるので、ちょっと高い(5万円くらいからだったと思います)ですが、自分の体にぴったり合うジーンズを作ってみてはいかがでしょうか?

ボタンやリベット、生地も選べる上に洗った時の縮みも計算に入れて作ってくれますよ!

醍醐桜はアクセスに注意!~後醍醐天皇が愛でた桜|岡山県真庭市

公開日: : 最終更新日:2016/09/12 未分類

岡山県の県北の真庭市に岡山で一番の桜があり、春の観光スポットとなっています。

その桜は「醍醐桜」と言い、後醍醐天皇がその美しさを賞されたことが名前の由来だそうです。

その美しさは見てのお楽しみということで、ここでは行き帰りのアクセスについて言及しておきます。

◆「醍醐桜」の住所に注意!

まず、私はレンタカーで行ったのですが、スマホやナビを使って検索して行こうとすると、全然違うところに行ってしまうので要注意です!

「醍醐桜」で検索をかけて出てくる住所と、醍醐桜が咲いている住所が違うのです。なので、必ず真庭市の公式HPが出している醍醐桜の住所を検索して設定するようにしてください。

醍醐桜

ちなみに、全然違うところで「目的地周辺です」と言われたら、そこからさらに30分くらいのところに、あると思ってください。醍醐桜は山の奥のかなり標高の高い位置にあります。

◆駐車場はたくさんあるので心配なし

さて、進路がきちんと設定されて山を登り始めたら、必ず交通整理の人の指示に従って走行してください。

桜の季節にはきちんと交通整理がされていて、一方通行で山に上がって、帰る時には別の道から下山していくこととなります。

駐車場に車を置く頃には、もうその大きく立派な桜が見えているはずです。

そこから歩く時も、やはり交通整理の方の指示に従ってください。

ちなみに、駐車料金は500円です。かなり多くの駐車場を準備してくださっているので、おそらく駐車できないということはないと思います。

◆いよいよ醍醐桜がお目見え!

歩いて上ると、ちょっとした休憩所とキレイに整備されたトイレがあり、いよいよ醍醐桜がお目見えします。

小高い丘の上に悠々と立っています。

そして、その隣には少し小ぶりですがキレイな花を咲かせている二代目の醍醐桜もあります。

初代の方は推定樹齢千年以上ということもあり、その力強く逞しい幹は、見ていてパワーをもらえそうな程です。

近くまで行くと、その太い幹が普通の桜と圧倒的に違うことが良く分かると思います。

これは、ぜひ見に行って自分の目で確かめてもらいたいです。

◆帰り道の注意点―酔い止めが必要かも?

桜についてはご自身の目で確かめていただくとして、最後に帰りのことについて言及しておきます。

最初の方でも紹介したとおり、山に入ると一方通行で、下山するルートは上りと違う道になります。

これが相当クネクネしており、ちょっと助手席の人は酔ってしまうくらいです。

まあ、山道なので仕方はないのですが、醍醐桜を見ながら屋台の焼きそばなんかをいっぱい食べすぎたりしていると、下山が本当に大変になります。

ですので、酔い易い人は酔い止めなどを準備して行った方が良いと思います。

圧巻の大きさに感動した後は、安全に帰るのが一番ですから、ぜひ下山の運転にはご注意ください。

岡山県にゼータガンダムがいるって本当? それとも都市伝説??

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 未分類

岡山県にはゼータガンダムがいる。

これは全国的にもまことしやかに噂されている都市伝説・・・?

ゼータガンダムは本当にいます(笑)。

 

◆岡山にゼータガンダムは本当にいる!

正確には岡山県の道の駅「久米の里」にゼータガンダムがいます!

しかも、全長7メートル、重量は2トン!
アニメの公式よりは小さく、等身大ではありませんが、それでも驚きの大きさです。

ガンダム

しかも、コクピットに乗り込むこができ、油圧シリンダーで足を動かすこともできるようです。残念ですが、コクピットに乗ることができる機会は1年に1度しかないイベントの時だけのようですが、それでも凄い!!

久米町長からの感謝状もあり、そこにはこう書かれています。

「地域と地球を衛り、人々に夢と感動を与え、地域の活性化に貢献した」。

さらに、創通エージェンシー・サンライズからの機動戦士Zガンダムの説明も添えられており、公式も認めた様子が分かります。

◆このガンダムは個人が作った!

そして、一番の驚きは、この大きなガンダムを作ったのが、久米町に在住する個人で、設計図から地道に作って完成させて町に寄贈したということです。

好きな物でも、ここまでやれる方はなかなかいません。本当にガンダム好きな人はとことんまで好きなんだなということを思い知らされます。そこまで熱い気持ちを持ち続けて生きるというのは、ある意味本当に夢のある話です。

◆ゼータガンダムへのアクセス

アクセスとしては、岡山県の北部、津山市の鶴山公園から車で20分程度で来ることができます。

「久米の里」は道の駅ということもあり、特産物の買い物もでき、トイレもきちんと併設されているので、ドライブにはぜひお立ち寄りいただければと思います。

実際にガンダムに触るということはできませんが、一緒に記念写真が撮れるよう、日付板も設置されています。ゼータガンダムの見守る久米町に遊びに行き、一緒に写真を撮ってみてください。

ガンダム好きの人には堪らないスポットのはずですので、周りに好きな方がいたらかなり自慢できると思います。ぜひ、ガンダム好きを誘って訪れてみてください。

岡山とトマト

岡山はトマトと縁が深い街です。
例えば、トマト銀行。こちらは、世界中で愛され庶民的で認知度の高い、ということでなぜかトマトに白羽の矢が立ちました。
トマト銀行には、トマトの缶詰で有名なカゴメが新規口座開設したことでも話題になっています。

また、食べる方のトマトでは、岡山県ということで桃太郎トマトなるブランドが存在します。
JAびほく産のトマトは、岡山県で最大の出荷量となっています。

このようにトマトと岡山は微妙に関係が深いのですが、トマトでダイエットできるって知ってましたか。
ご存知の通り、トマトはリコピンなどで非常にカラダがいいのですが、痩せる効果があるなら、さらに食べる価値があがりますよね。
【出典】トマトジュースダイエットなど、飲んでヘルシーに痩せる調査隊!
http://www.tomat-j-diet.info/

トマトジュースを飲むタイミングは、夜就寝前がイチバン、ダイエットに効果あるそうです。また、次の文は、上記サイトの引用です。

ダイエットとしての効能を引き出すためのリコピン必要量は「15mg以上/1日」です。これはトマトジュース約600mlに相当しますので、毎食200mlというコップ1杯に分けて飲みます。

ということで、岡山産トマトでダイエットしてみたらいかがでしょうか。

鶴山公園の桜並木でお花見を楽しむ|岡山県

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 未分類

岡山県の津山市には、津山城跡の鶴山公園があります。ちょうど桜のきれいな時期に訪れたので、紹介したいと思います。

鶴山公園は、小高い石垣のある津山城跡と、その周辺の桜並木を楽しむことができる、春に行きたい観光スポットです。

車で行くと、交通整理員さんがきちんと誘導してくれて、駐車場へと案内してくれます。駐車料は500円で、入場料は大人1人300円となっています。

鶴山公園に入場すると、既に荒々しくも立派な石垣が見え、それに沿うように道が整備されています。
鶴山4

その石垣沿いの道にも桜が植えられており、歩いて回るだけでじっくりと桜のトンネルを味わうことができます。

また、お土産屋さんもテントを出したり、ビールや地酒の屋台や、貸しテントや貸しシートもあるので、手ぶらでお花見も可能です。

石垣に沿って歩いていくと、表側に回ることができます。

表門は広くて立派な石垣と階段があり、各所にきちんと門の名前や説明書きの看板が立てられています。

本来ならば城が建っており、それと桜を一緒に眺めるのが良いのですが、なにせ鶴山公園は城跡であるため、それができません。

しかし、簡易地図と説明書きの看板を見ながら歩いて上がると、想像の中で「ああ、ここにはこんなのがあったのかな?」などと勝手に脳が妄想を始めます(笑)。城跡でも充分楽しめるのです。

さらに、立派な城がそこに無いからこそ、桜の木の美しさが際立ちます。

階段を全部上がると、広い城跡地に出ます。そこでは定期的にイベントなどが催されており、夜も花見客を楽しませてくれるようでした。

私はあいにく午前中のうちに鶴山公園を後にしてしまいましたが、泊まりなどで津山市内に宿を取っている方ならば、この時期には夜桜も楽しめると思います。

お土産屋さんもとても親切に津山の銘菓を紹介してくれますので、ぜひ気軽に声を掛けてみてください。

鶴山4

私はちゃっかりお菓子の試食をさせていただき、桜の昆布茶まで出していただきました(笑)。

井倉洞、宝福寺、岡山の天空の城・備中松山城|岡山西部

公開日: : 最終更新日:2018/08/23 未分類

岡山県の新見市、高梁市、総社市をレンタカーで南下すると、歴史に触れる旅をすることができます。ここでは、新見の井倉洞、高梁の備中松山城、総社の宝福寺、国分寺五重塔を紹介したいと思います。

◆井倉洞のおすすめスポットとは?

井倉洞は新見市にある鍾乳洞です。

井倉洞2 井倉洞-軒

中に入ると約40分で見て回ることができる、夏に涼しい観光スポットです。もちろん、どなたでも観光できるよう、安全に配慮されており、手すりも整備されています。

さて、この井倉洞の中については説明をしないでおきます。やはり、それは行ってみて自分の足で歩いて回ってほしいです。ですから、ここでは井倉洞の川を挟んだ向かいに併設されている商店について紹介したいと思います。

この商店の軒が、感動するほどノスタルジックなのです。

せせらぎの聞こえる川の向こうには険しくそびえ立つ山。

そして、その切り欠きから流れ出す小さな滝。

そのすぐ横には鍾乳洞の入り口。

なんとも清らかで味のある雰囲気です。

◆ぜひ軒先のベンチで鮎の塩焼きを

そして、商店では食堂も道沿いに出されており、五平餅と鮎が炭火で焼かれています。せっかくですので、軒先のベンチで鮎の塩焼きを食べました。もちろん、食堂の中で食事もすることができます。ぜひ、静かでノスタルジックな雰囲気を味わいに行ってみてください。

◆岡山の「天空の城」備中松山城へ

備中松山城

さて、そこからレンタカーで南下して高梁市まで行くと、全国ニュースでもたまに紹介される「天空の城」と呼ばれる備中松山城の見学をすることができます。

ここはちょっと要注意で、車で行けるのは途中の駐車場までとなっており、そこからシャトルバスに乗って5分。さらにシャトルバスを降りてから20分歩いて上がらなければなりません。

ちょっと大変な観光となりますが、時間と体力のある方はぜひ上ってみてはいかがでしょうか?

天空の城として見るには、天候と時間帯の条件が良くなければなりませんが、幻想的な風景を見ることができるようです。

そこからまたまた南下していくと、歴史の深い町である総社市に入ります。

国道沿いから少し入ったところには、雪舟のいた寺である宝福寺を見ることができます。

こちらは駐車場も整備されており、自由にお参りすることができます。

正門の隣には少年時代の雪舟の像もあります。雪舟が少年時代を過ごしたお寺ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

雪舟1

そこから岡山方面へと車を走らせると、国分寺五重塔も見ることができます。

これは、車を走らせているとすぐに見つけることができると思いますので、時間に余裕があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【追記】
先日、NHKの歴史秘話ヒストリアで「天空の城」備中松山城が特集されました。
千鳥の大悟さんが城主を演じられていて、めちゃくちゃハマっていました(笑)。
「天空の城」備中松山城の歴史に唸ること多々ですので、ぜひ見てみてください!

 

岡山市が誇る「後楽園」が日本三名園の一つに数えられる理由とは?

公開日: : 未分類

岡山県の岡山市が誇る日本三名園の一つ、後楽園を紹介します。

◆「後楽園」って地味じゃない?

まず、日本三名園とは、水戸の偕楽園、金沢の兼六園、そして岡山の後楽園の三つのことを指し、歴史の深い日本庭園として数えられています。
後楽園

そんな後楽園ですが、岡山市の街中に岡山城と一緒にあり、一見すると、残念ながらあまり風情を感じることができません。

近くには全国ナンバーワンの貸出率と来館者数を誇る岡山県立図書館や、岡山県庁などもあり、かなり賑わっている中に存在しているからです。

近くには旭川が流れており、その土手には桜が植えられています。春の時期には大変きれいで、その分人の多さにも驚いてしまいますが、そんな環境の中にある後楽園がなぜ名園として数えられるのでしょうか・・・。

それは、園内に入ってみると分かります。その秘密と魅力は、決して外から見ただけでは分かりません。中に入ってこそ、緻密に計算された秘密や季節ごとに見せてくれる魅力を味わうことができるのです。

◆「後楽園」の真の魅力とは?

後楽園に入ると、ぐるりと一周園内のどこに立ってどう見ても空には高いビルや鉄塔などが見当たらないのです。

つまり、昔の人が後楽園から見た外の景色と、現代の我々が見る景色が時を超えても変わっていないということになります。

岡山の街中にあることから、意外と驚かれたりガッカリされたりしてしまうこともありますが、それは外からの評価でしかありません。ぜひ、そういった方には中に入ってもらいたいです。中から外を見て初めて、後楽園の考えられた作りと、その良さが分かると思いますので。

◆園内の楽しみ方

園内にはきび団子とお茶を楽しめる小さな茶店があり、静かな庭園を眺めながら休憩することもできます。そこでゆっくりお茶を飲みながら昔に思いを馳せてみるのも、楽しみのひとつです。ぜひ、お茶と団子でゆっくりしてみてください。

さらに、園内では芝焼きや菰巻きなど、季節ごとに見せてくれる風景も違うので、行った時々でいろんな発見や景色を味わうことができると思います。

◆岡山城も鑑賞しよう

さらに、岡山城の外観もしっかりと見てください。お隣の兵庫県姫路城が白鷺城と呼ばれていますが、岡山城は別名烏城と呼ばれています。(ちなみに逆隣りの広島は鯉城です!)

岡山城

この岡山城も400年以上の歴史があり、現代では観光のためにすっかり整備されていますが、遠くから見るのがオススメのお城です!

※遠くから見るのが良いのは私の個人的な感想です

岡山グルメ三種の神器~ママカリ、バラ寿司、鰆の刺身

公開日: : 未分類

岡山のグルメといえば、何だと思いますか?

瀬戸内の海の幸からB級グルメまで、岡山のグルメは様々あります。

飲食関係の仕事をしている人がよく口にするのが、

「岡山で飲食店を成功させれば、日本全国どこでも店を出せる!」

岡山県民はそれほどシビアな舌を持っているため、かなりおいしくないと受け入れられない…と言われています。

そんな岡山に来たらぜひ堪能していただきたい「岡山グルメ」三種の神器を紹介します!

◆岡山人がこよなく愛す「ママカリ」

まずは、ママカリです。

ママカリ

ママカリとは岡山の方言で、本来はサッパという名前の魚です。魚がおいしすぎてママ(ご飯)が足りなくなり、隣りの家から借りてこなければならないほど美味しい、ということから「ママカリ」というようになったといわれています。

この小さな魚の酢漬けを岡山人はこよなく愛しています。居酒屋などに行けばだいたい注文できるので、ぜひ食べてみてください。

店によって調理法もまちまちで、真っ黒焦げに焼いた物を酢漬けして、頭から骨まで全部食べさせるところもあれば、焼目を付けずに頭と骨を落として、身だけを酢漬けにしている店もあります。

ちなみに私が好きなのは焼目を付けず身だけの酢漬けです。次に紹介するバラ寿司にも具材として乗っていることもあります。

◆バラ寿司

さて、そのバラ寿司ですが、単純に桶に酢飯を均して、その上に様々な海鮮食材を乗せている郷土料理です。

・・・なのですが、実は、これは表ではなく裏側です。大昔、庶民に質素倹約が強いられた頃、桶の下側に具材を敷き詰めて、上に酢飯を乗せて豪華な具材を隠したのが起源と言われています。

そんな庶民の知恵によって作られたバラ寿司。

これはJRの駅弁や岡山のお弁当屋でも普通に手に入る定番のお昼ご飯ですので、見かけたら購入してみてはいかがでしょうか?

◆鰆の刺身

そして3つ目は、岡山人の大好きな鰆の刺身です。

実は岡山は鰆の漁獲量が日本一・・・というわけではなく、消費量が日本一だそうです。

鰆とかんぱちの刺身

西京焼きなどで、主に焼き物として全国的には食べられるそうですが、岡山では刺身で食べる機会が非常に多いです。普通の刺身より分厚く切られて出てきて、他の刺身とはちょっと一線を画す食感が楽しめます。冬から春にかけておいしいですので、季節が合えばぜひ食べてみてください。

◆岡山のB級グルメは?

その他にも、B-1グランプリで優勝したこともある蒜山焼きそば、第2位になったことがある津山のホルモン焼うどんなどなど、岡山で食べられるグルメはたくさんあります。ぜひ、岡山にお越しの際は“食べ処”にも注目してください!

岡山のお土産は吉備団子だけじゃない!地元民のおすすめは?

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 未分類

「岡山のお土産」と言われて、おそらく真っ先に思い付くのは吉備団子でしょう。

しかし、岡山のお土産はそれだけではありません。

むしろ、よく知っているほど吉備団子をお土産にしないほどです。

岡山にお越しの際は、ぜひお土産屋に足を踏み入れてください。吉備団子だけでもかなりの種類がありますし、もちろんそれ以外の魅力的なお土産が揃っています!

 

◆鉄板の「吉備団子」オススメは・・・

吉備団子にも種類がたくさんありますが、昔ながらの製法にこだわった廣栄堂の“むかしきびだんご”がオススメです。

これは砂糖が貴重だった大昔の味を再現しており、本当に桃太郎が食べていたのではないかと想像できるような仕上がりになっています。

また、甘過ぎないので大人でもおいしく食べられます。駅の売店でも売っており、木箱に入っているので贈り物としても喜ばれます。

◆ご当地レトルトカレー&丼

いろんなご当地レトルトカレーがある中、岡山で特に注目を引くのはホルモン焼うどんがある津山のホルモンカレーとホルモン丼です。

ホルモン丼

ホルモンカレー

やはりホルモンで町興しをしているだけあって、柔らかいホルモンの食感と臭みの無い仕上がりになっています。お値段もそれぞれ500円とお買い得です。

さて、レトルトのお土産でもう一つご紹介したいのが、“千屋牛カレー”です。

千屋牛カレー

これはなんとお値段1,000円ということで、ちょっと買うのには勇気がいりますが、奮発したお土産として、特別にカレーが好きな人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

◆岡山の2大饅頭「大手まんぢゅう」と「藤戸饅頭」

岡山のお菓子といえばコレ「大手まんぢゅう」です!!

そのまま食べてよし、あたためてよし、冷やしてもよし・・・こしあんを薄皮で包んだ岡山定番のお菓子です。

さらに、倉敷には「藤戸饅頭」という大手まんぢゅうと見た目の似たお菓子もありますが、食べてみると藤戸饅頭の方が甘さが強く、大手まんぢゅうの方がさっぱりした感じです。食べ比べをしてみてもおいしいです。

藤土饅頭

◆もちろん備前焼はおすすめ!

備前焼のお土産も食卓で使える食器から小さな置物まで様々ありますので、お帰りにはぜひどうぞ!

備前焼

◆畳の県・岡山のイグサ製品

岡山県の早島町は畳の産地です。

いぐさ

さらに、畳縁は倉敷市が全国シェアの8割を占めるなど、岡山は畳の県です。

そんな畳を家に敷いて使うだけに留まらず、小物入れなんかも作ったりしています。ちょっとした小銭入れなどにも使えるので、一風変わったセンスを楽しむことができると思います。

まだまだありますが、岡山のオススメのお土産の紹介でした!

・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、岡山県の観光スポット、グルメ、お土産をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 岡山県民自らが言うのもなんですが、岡山はいいところです。ぜひ旅行で訪れて、岡山の魅力を肌で感じていただけたら嬉しいです。読んでいただきありがとうございました。

関連記事

閑谷学校

備前市で「備前カレー」を食べ、閑谷学校へ|岡山東部①

岡山市にある岡山駅から赤穂線に乗って、東方面へと進んでいくと、備前焼の町備前市へと行くことができます

記事を読む

ガンダム

岡山県にゼータガンダムがいるって本当? それとも都市伝説??

岡山県にはゼータガンダムがいる。 これは全国的にもまことしやかに噂されている都市伝説・・・?

記事を読む

牛窓

刀剣の町・長船、日本のエーゲ海・牛窓、牡蠣の町・日生|岡山東部②

岡山県東部の長船、牛窓、日生の観光スポットを紹介します。長船は刀剣の町として有名ですが、その周辺の牛

記事を読む

後楽園

岡山市が誇る「後楽園」が日本三名園の一つに数えられる理由とは?

岡山県の岡山市が誇る日本三名園の一つ、後楽園を紹介します。 ◆「後楽園」って地味じゃない? まず

記事を読む

醍醐桜

醍醐桜はアクセスに注意!~後醍醐天皇が愛でた桜|岡山県真庭市

岡山県の県北の真庭市に岡山で一番の桜があり、春の観光スポットとなっています。 その桜は「醍醐桜

記事を読む

倉敷

白壁の町・倉敷~アイビースクエア、大原美術館、児島地区へ

岡山県の倉敷市は白壁の町として有名です。岡山県の中でもかなり華のある街です。 古くは天

記事を読む

鰆とかんぱちの刺身

岡山グルメ三種の神器~ママカリ、バラ寿司、鰆の刺身

岡山のグルメといえば、何だと思いますか? 瀬戸内の海の幸からB級グルメまで、岡山のグルメは様々

記事を読む

井倉洞eyecatch

井倉洞、宝福寺、岡山の天空の城・備中松山城|岡山西部

岡山県の新見市、高梁市、総社市をレンタカーで南下すると、歴史に触れる旅をすることができます。ここでは

記事を読む

鶴山4

鶴山公園の桜並木でお花見を楽しむ|岡山県

岡山県の津山市には、津山城跡の鶴山公園があります。ちょうど桜のきれいな時期に訪れたので、紹介したいと

記事を読む

PAGE TOP ↑